このエントリーをはてなブックマークに追加

注目が集まる建築資材

金網

幅広い使い道

金網は建築資材としての需要があり、幅広い用途で使われています。具体的には、金網格子として主に使われていますが、最近では間仕切りとしての使われ方やデザイン性も重視されるようになりました。間仕切りは、金網の目を細かくすれば壁同様の効果もあり、独特な印象を与えてくれます。企業や商業施設などでもデザインにこだわった建築に金網はよく使われており、近代的な見た目から人気があります。最近では、金網を使ったすだれも快適な温度調節の効果から、注目を集めています。このようなすだれは、ビルの窓全体を覆うことができ、強い日差しから守る働きをしてくれます。金属製のすだれはビルの外観にちょうどいい存在感となるため、新たな使い道として需要が伸びています。

特徴的な効果

金網の目はいろいろなタイプがあり、それによって光の透過性や強度も違ってきます。ものを支える働きがある金網には目を細かくしたタイプが使われ、なおかつ見た目にも美しい網目模様になるように作られます。格子として使われる金網は、透過性の効果から明るさを調節してくれます。階段での手すりを支える格子としても使われており、安心できる頑丈さも備えられているのです。一般家庭でも、金網はエクステリアやインテリアとしても取り入れられています。デザイナーズ住宅や注文住宅などで用いられることが多く、デザインが高く評価されています。建築の部材だけではなく、このようなアートとして楽しむための用途もあるため、金網は総合的な役割が求められるようになったのです。